MENU

量子イオンOCTウオーターとはどのようなもの?
特徴

〇水分子は絶えず運動しており、各分子間は水素結合による相互作用があり、近くの水分子と弱い結合をして大小の集合体(クラスター)となっています。
〇量子イオンOCTウオーターはクラスターを構成している水分子の酸素間の距離が15%短く、繋がりが2.5倍強い。
〇量子イオンOCTウオーターは水溶液内で安定しています。沸騰させても振動させても、栓を開け放置しても水素イオンは無くならない。
〇量子イオンOCTウオーターは構造が小さく、繋がりが強く包み込む力も強い浸透性に優れています。
〇量子イオンOCTウオーターはその物の本来の働きを助け、維持します。

①量子イオンOCT水の働き
細胞内小器官ミトコンドリアは、食べ物から取り出したプロトン(水素イオン)を呼吸によって取り入れた酸素と反応させて神経細胞を興奮させたり、筋肉を収縮させたり、肝機能に作用したり、自動車のエンジンや発電機と同じような働きをしています。

人の身体は何らかの原因で身体に変調が起き、また年齢とともにプロトンを作り出す能力が低下し、呼吸によって取り入れた酸素が過剰になり活性酸素となります。活性酸素は細菌などから身体を守る重要な働きをする反面、過剰になると正常な細胞まで攻撃し、病気や肌の衰えなど身体に悪影響を与えます。

その不足したプロトンを補う最も簡単な方法は、直接量子イオン(プロトン)を含んだOCTの量子イオンウオーターを飲むことです。それによって、低下した機能を補い老化を抑え健康な身体を維持します。すなわち、この水は「アンチエイジング」が可能な水です。

②量子イオンOCT水の働き 
水の重要性について2003年度ノーベル化学賞を受賞したピーター・アグレ教授(米国)は、細胞膜上のたんぱく質で水分子だけを通すチャネル「アクアポリン(AQP)」(水の穴という意味)を発見しました。水素イオンを多く含んだ水構造の量子イオンOCTウオーターを飲むことでアクアポリンを通りやすくします。